不貞行為(不倫・浮気)に基づく慰謝料請求が増えています

 最近,当事務所でも相談が急増している問題があります。

 それは,「不貞行為(不倫・浮気)に基づく慰謝料請求」です。

 離婚問題についてのご相談をお伺いしていると,実は背景に夫(妻)側の不貞問題があったり,夫婦の関係に時として深刻な影響を与えている場合もあります。

 一昔であれば,あきらめていたことも多かったようですが,近年は不貞行為に対して慰謝料の支払いを認定する判例も相次いだこともあり,積極的に慰謝料請求を行う方も増えているようです。

 

特にご相談で多いご質問としては,

①証拠としてメールのやりとりだけで十分か

②慰謝料額の相場は

③慰謝料請求する場合の手続は

④請求されている慰謝料を減額するには

④当事者双方が既婚者である場合(いわゆるダブル不倫)の場合の権利間関係はどうなるのか

⑤慰謝料請求の時効は

⑥払った慰謝料を不貞をした相手方にも請求できるか

等が挙げられます。


当事務所では,不貞行為に対する慰謝料請求についても豊富な経験と実績を有しております。

早い段階でご相談いただければ,証拠収集などのアドバイスも適切にさせて頂きます。

どうぞお気軽にご相談下さい。